ウォーキングブリーチとは?歩きながら歯を白くする方法

ウォーキングブリーチとは

ウォーキングブリーチという歯を白くする方法をご存知ですか?

歯の治療で神経を抜いてしまい、
変色してしまった歯を白くすることができる手法です。

 

簡単に言うと、歩きながら歯をホワイトニングできる、
歯を内側から白くしてしまう方法です。

ウォーキングブリーチとは!?

ウォーキングブリーチとは、神経を取ってしまった歯の中に、
歯を白くするお薬を入れて、変色した歯を白くする方法です。

歯の中にホワイトニング剤を入れた状態にて、歩きながら歯を白くすることができるので、
『ウォーキングブリーチ』という名称が付いています。

 

ウォーキングブリーチについては、2006年の保険改正までは、
歯を白くする方法として保険が適用できる唯一の方法でしたが、
現在では、保険適用外となっています。

 

[colored_box color="gray" corner="r"]

【歯を白くするお薬の正体】

ウォーキングブリーチにて使用される、歯を白くするお薬は、
多くの場合に、過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムの2種類を、
混ぜあわせたお薬が使用されるということです。

[/colored_box]

 

 

ウォーキングブリーチの具体的な治療内容と治療期間

ウォーキングブリーチでは、歯の中にホワイトニング剤を入れ、
フタをした状態にて数週間の間、歯が白くなるのを待ちます。

歯が白くなったことが確認できたら、
フタを取り、中に詰めていたお薬を取り除きます。

その後、最後の治療としてフタをして終了です。

 

治療期間については、約1ヶ月とされています。

この1ヶ月の間は、週に1度のペースで中のお薬を詰め替える作業が必要になります。
基本的に、この詰替えの作業を4~5回行わなければなりません。

 

 

ウォーキングブリーチにかかる費用

ウォーキングブリーチにかかる費用は、
1つの歯に対して、1回の処置で1,000円~2,000円とされています。
(大まかな相場)

この1,000円~2,000円という金額は、
ウォーキングブリーチのみの費用です。

もしも他に、何かしらの治療がある場合は別途の治療費が発生します。

 

 

ウォーキングブリーチのメリットとデメリット

[deco_bg image="paper1" width="400"]
【メリット】
ウォーキングブリーチのメリットとしては、
通常のホワイトニングでは白くすることに限度がある、
神経を抜いてしまった歯の変色さえも白くできる可能性が高いことです。
[/deco_bg]
[deco_bg image="paper1" width="400"]
【デメリット】
ウォーキングブリーチのデメリットは、
歯の裏側に穴をあけてお薬を入れて歯を白くする方法なため、
歯の中にガスがたまって、歯が割れやすくなる可能性が高くなることです。
[/deco_bg]

また、歯に穴を開ければいけない方法であり、
治療に手間がかかる方法なので、行なっている歯科医院も多くはないようです。

スポンサードリンク

 

白い歯をGet!!する為の関連記事一覧

コメントは停止中です。