正しい歯磨きの仕方と知識!歯垢と口臭を同時に予防しよう!

正しい歯の磨き方をご存知ですか?

正しい歯磨きの仕方をご存知ですか?

歯磨きがきちんとできていないと、白い歯になれないどころか、虫歯や歯周病になり、口臭が臭くなってしまいます。

正しい歯磨きをマスターして、素敵な笑顔を手に入れよう♪

 

正しい歯磨きは、歯についた汚れや歯垢をしっかりと落とすことが目的です。

歯磨き自体で歯が白くなっていくというよりも、
歯の現状を維持し続けるということを目的として行なっていきましょう!

 

間違った歯磨きや、きちんとできていない歯磨きでは、
歯にこびり付いている歯垢(プラーク)を落としきることができず、
歯周病という病気を引き起こす原因にもなりかねません。

 

しっかりとした正しい歯磨きを行うことで、付着することが仕方ないとされる、
細菌や歯垢を確実に取り除くことができます。

これは、歯周病の予防にも繋がりますので、是非正しい歯磨き方法を覚えてくださいね。

 

[illust_bubble subhead="正しい歯磨きの仕方" align="right" color="red" badge="check" illst="point-w3-l"]

[icon image="point1-1-r"]

歯磨きをする時に、何となく全体を満遍なく磨いて「ハイ終わり!」とする人が多いですが、実際には、それではしっかりと歯が磨けないのです。

歯磨きをする時は、歯の1本1本を意識してしっかりと磨いていくことが大切です。

 

[icon image="point1-2-r"]

歯磨きをするときに、歯ブラシを歯に強く押し当ててゴシゴシと擦る方がいますが、そうではなく、歯ブラシの毛先を歯と歯肉の間に「軽く差し込み」小刻み振動させて磨きましょう。

 

[icon image="point1-3-r"]

歯磨きをする時に、横方向ばかりに磨いてしまう方がいらっしゃいますが、正しい歯磨きでは、横方向ばかりではなく縦方向に磨いたり、ぐるぐると回して磨くことも大切です。

歯ブラシの持ち方を工夫することにより、歯の細部までを磨きやすくなります。

 

[icon image="point1-4-r"]

歯磨きをするときは、歯ブラシの状態にも気をつけることが大切です。
古くなり、毛先が開いたような歯ブラシでは、歯垢や細菌をしっかりと除去することができません。

一生懸命磨いても、とても効率が悪く、磨けていない部分がでてきますので、歯ブラシの毛先が開いてきたらマメに新しいものに交換するようにしましょう。

[/illust_bubble]

 

以上、4つのポイントをしっかりと意識して行うことが、
正しい歯磨きの基本となっています。

 

正しい歯の磨き方をご紹介されている、とても素敵な動画がありましたので、
ご紹介させて頂こうと思います。

 

正しい歯磨きの仕方

 

とてもわかりやすく、素敵な動画ですね。

歯磨き方法は、自己流に戻りがちですので、定期的な歯のチェックと、
歯磨き指導を行うことが大事とされています。

 

虫歯や歯周病は、ひどい口臭の原因にもなります。
歯垢が取り除けていない歯は、白さを失い笑顔も輝かなくなります。

正しい歯磨きの方法をマスターして、白い歯が光る素敵な笑顔を手に入れましょうね。

スポンサードリンク

 

白い歯をGet!!する為の関連記事一覧

コメントは停止中です。