前歯の虫歯放置は危険!ミュータント菌の繁殖に注意!!

虫歯というのは、甘い物を食べてしまうとなりやすいと言われていることはご存知だと思います。

この原因というのが口の中に生息しているバクテリアの一種であるミュータント菌です。

甘いものが直接的に虫歯の原因になるわけではなく、このミュータント菌が虫歯の原因になっているのです。

というのも、このミュータント菌は甘いものが好きで、甘い物を食べることでどんどん繁殖してしまうのです。

だから甘い物を食べると虫歯になりやすいと言われるのです。

虫歯は基本的に奥歯になりやすいので、特に気を付けるようにするといいでしょう。

ですが、前歯が虫歯にならないというわけではありません。

特に前歯でも上の歯であれば虫歯になりやすいと言われています。

というのも、下の前歯というのは常に舌と接触をしているので唾液で潤っていることになります。

この唾液というのはミュータント菌の酸を中和してくれる働きがあるので、虫歯になりにくいということです。

同じ前歯でも上の歯というのは乾燥がしやすいので、どうしても虫歯になりやすいということです。

いずれにしても、虫歯ができてしまったのであればきちんと治療をする必要があります。

もちろん、虫歯ができないように日頃から口内を清潔に保つということも大切です。

歯の治療というのは嫌なものだと思うので、日頃から意識をして虫歯ができないようにしましょう。

それでも虫歯ができてしまうことはあると思うので、放置をしないで早めに治療をするようにしましょうね。

スポンサードリンク

 

白い歯をGet!!する為の関連記事一覧

コメントは停止中です。