歯の黄ばみは『重曹』でも落ちる!?歯が傷つき結果的に悪化・・・

歯の黄ばみ重曹

歯の黄ばみを取る方法として、『重曹』で落とせる!というお話があります。

しかし、重曹での研磨は歯へのダメージが大きく、
結果的に汚れの着きやすい歯になってしまうのです…。

 

重曹で歯の黄ばみや黒ずみなどの汚れを落とせる!?真実は…

 

重曹というのは、水周りの掃除や浴槽などの汚れを、
キレイに落としてくれるということで知られています。

実際に、台所などに置いているという家庭も多いと思います。

この重曹というのは、一部の方々から、
歯を白くしてくれるという効果があることで知られています。

 

もしも重曹を使うことで、何のトラブルもなく、
歯の黄ばみを落としてくれるのであれば、

気軽に利用ができるものですし、実際に使ってみたいと思うでしょう。

 

確かに重曹を使うことで歯が白くなっていくかもしれませんが、
重曹というのは研磨の力がとても強いです。

ですから、歯を守っているエナメル質までも削ってしまうということがあります。

長期的に利用をしていると、歯を傷つけてしまう原因にもなるのです。
あるいは歯肉を傷つけてしまう恐れもあるので、あまりおすすめはできません。

 

また、市販されている歯磨き粉にも重曹が使われていることがあります。

もちろん、歯に傷がつくということはないように調整されてはいますが、
研磨が強いということはあります。

できれば、重曹が含まれていないような歯磨き粉を使用していくことを、
強くおすすめ致します。

重曹というのは、研磨の力がとても強いので
長期的に利用するのは止めた方がいいです。

 

使うのであれば直接重曹を使うのではなく、
重曹が配合されている歯磨き粉を使う方がいいかもしれませんね。

いずれにしても重曹をそのまま使うというのは、人体に影響はないでしょう。

ですが、歯を傷つけてしまっては意味がないので、
自分の判断で利用はしない方がいいのかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

白い歯をGet!!する為の関連記事一覧

コメントは停止中です。