歯ブラシ 歯の黄ばみをとる方法!ブラシでは表面の汚れだけ!?

歯の黄ばみを落として白くする効果のある歯ブラシというものも販売されています。

これは歯ブラシに歯を白くするために消しゴムのようなものがついていて、歯を磨けばどんどん白くなっていくというものになっています。

このような歯ブラシを使うことですべての汚れを落とすことができるわけではありません。

ですが、コーヒーやタバコのヤニなどの汚れであれば、このような歯ブラシを使うことでキレイになることも多いと言われています。

つまり、あくまで落とすことができるのは歯の表面の汚れだけです。

歯科医院で行うホワイトニングのように、歯の内部から白くしていくことはできません。

また、すぐに効果が実感できるというものではなく、継続して使っていく必要もあります。

3ヶ月ぐらいは使用を続けないと、歯が白くなったのか確認できることはないと言われています。

それに、歯ブラシも定期的に交感をしていかないと、消しゴムの効果も薄れてきてしまいますからね。

ですから、歯ブラシの先端が曲がってきたら新しい歯ブラシに買い換えましょう。

また、歯ブラシと一緒に「ポリリリン酸」が配合されている歯磨き粉を使うというのもおすすめです。

このポリリン酸というのは色素を分解してくれる効果があるので、歯の表面に付着している着色汚れもキレイにしてくれます。

歯ブラシというのは毎日使うものですし、とても重要になります。

歯の健康を維持するためにも、歯に良い商品を使うようにしましょうね。

スポンサードリンク

 

白い歯をGet!!する為の関連記事一覧

コメントは停止中です。