歯の黄ばみ 神経を抜いてしまった歯を白くする方法は!?

歯が黄ばんでしまう原因というのはいくつかあります。

例えば遺伝もそのなかの1つになります。

このように、自分ではどうしようもないことが原因で歯が黄ばんでしまうことがあります。

加齢によっても歯が黄ばんでしまうものですが、これも個人差があるものとはいえ自分ではどうすることもできません。

一般的に歯の黄ばみの原因というのは、内部が影響しているものと外部が影響しているものがあります。

内部というのは、歯の象牙質が関係しているもので、外部は着色汚れが主な原因になります。

例えば歯の神経を抜いてしまえば、それも歯の黄ばみの原因になってしまいます。

歯の神経が死んでしまう他にも、先にあげた加齢というのも内部が原因になっているものです。

ですが、ほとんどのケースで歯の黄ばみというのは外部の影響を受けています。

多いのが食べ物やタバコなどからの着色汚れです。

タバコを吸うと歯が黄色くなるというのはよく知られています。

他にもコーヒーや緑茶をたくさん飲む習慣がある人は、歯が黄ばみやすいと言えるでしょう。

このような着色汚れというのは、毎日しっかりと歯を磨いていても起きてしまうものです。

ですから、歯の黄ばみを落としていきたいのであれば、自分で意識をして対策をしていく必要があります。

外部の要因であれば、歯科医院でクリーニングをしてもらうことである程度歯を白くすることができます。

ですから、歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらうといいでしょう。

神経を抜いてしまった歯を、完全に白くするためには、ウォーキングブリーチやホワイトニングという方法があります。

どうしても真っ白な歯を望む場合は、歯科医院のホワイどニングの情報を確認されてみてください。

ホワイトニングの価格や、治療期間などについても詳しく掲載されています。

スポンサードリンク

 

白い歯をGet!!する為の関連記事一覧

コメントは停止中です。