歯が黄色い原因はこれだった!黄色い歯を白くする方法

歯が黄色い原因

歯が黄色い原因となる理由をご存知ですか?

私達の日常のあらゆる原因から、
歯が黄色になってしまっているのです。

今回は、歯が黄色に変色する原因についてのお話

 

ある日の朝、歯磨きを終え、ふと鏡をみて自分の歯をチェックすると、
前回注意深くチェックした時よりも、黄色い色をしている・・・。

ということは、決して珍しいことではありません。

 

私達が生活している日常の中には、
さまざまな歯を黄色く変色させる原因が潜んでいるからです。

この歯の黄ばみですが、「しょうがないから」と諦めて放置してしまうことは簡単ですが、
黄色い歯というのは、あまり印象が良いものではありませんよね?

 

悲しくも人は、第一印象でその人がどんな人であるかを、
決めつけてしまう場合も少なくありません。

好感が持てる印象であれば良いのですが、デメリットとなりうる部分は、
できるだけ少なくするに越したことはありません。

 

外見で人を判断してはいけない。

確かにそうですが、判断するということも人間の防衛本能の1つであるため、
第一印象で他人に対して何の印象も持たないし、感じないという人はいないと思われます。

 

黄色い歯になってしまう原因を知ることができれば、
しっかりと対策をしていくことも可能になります。

原因不明のトラブルほど、不安でストレスになることはありません。
まずはしっかりと、『歯が黄色くなる原因』を理解しましょう。

 

歯が黄色くなる原因は、大きくわけると2種類の原因にわかれます。

 

歯が黄色くなる原因その1:歯の外側からの原因

実は、『歯』というのは、加齢により黄色く変色します。

歯をきちんと磨いて、丁寧にケアしていれば、
年齢を重ねても白く美しいままであることはないのです。

これには、歯の構造が大きく関係してきます。

 

歯が黄色い原因

 

歯の表面は、白く見える半透明のエナメル質が存在します。
図の一番外側の白い部分がエナメル質にあたります。

その1つ内側の部分が、『象牙質』という層になります。

この象牙質なのですが、歳を取ると色が濃くなるという特徴があります。
対してエナメル質の部分は、歳を取ると薄くなってしまうという特徴があります。

半透明の白いエナメル質が薄くなり、茶色の象牙質が濃くなると、
エナメル質から象牙質の色が透けて見えるようになってしまします。

これにより、歯が黄色に見えてしまうようになるのです。

 

もちろん加齢以外にも、普段の生活の中で歯が黄色になってしまう原因があります。
それは、食べ物や飲み物による外部からの歯への着色が原因です。

 

主婦の方であれば、よく目にすると思うのですが、
湯のみ茶碗やコーヒーカップに『茶渋』がつくことがありますよね?

お茶類である、紅茶、ウーロン茶、日本茶、コーヒーなど、
そして赤ワインやコーラ、ブルーベリー、カレーなどの飲み物や食べ物は、
歯に色がつきやすいという特徴があります。

歯のエナメル質の表面というのは、つるつるで凹凸がないように見えますが、
実はそうではないのです。

普段の研磨剤の含まれた歯磨き粉による歯ブラシで、
エナメル質の表面には、凹凸ができてしまっています。

 

上記に紹介した食べ物や飲み物に含まれる着色料は、
エナメル質の表面にくっつき、次第に凹凸より、
エナメル質の深い部分まで入り込み、染みこんでしまいます。

深い部分まで染み込んでしまった着色料や汚れというのは、
歯磨きをしても落ちることはありません。

これは、タバコのヤニにも同様のことが言えます。

 

これらの生活の中にある原因により、あなたの歯は少しずつ、
黄色に変色していってしまうのです。

 

歯が黄色くなる原因その2:歯の内側からの原因

普段の何気ない生活の中にある原因とは別の原因として、
歯の神経を虫歯の治療などで抜いてしまった場合にも、歯の変色がおこります。

治療して間もない頃は、歯の変色は見られないことが多く、
神経を抜き、ある程度の時間が経過してから確認すると、
治療した歯が黄色や茶色に変色していることは、よくあることです。

原因としては、歯の神経が機能しなくなり、歯の象牙質の部分まで栄養が行かず、
歯が『内側』から変色してしまう現象です。

 

その他、神経を抜く治療以外にも、テトラサイクリンという抗生物質を、
永久歯(大人の歯)が生えてくる7歳頃までに摂取した影響で、
歯が黄色や茶色に変色することがあります。

この場合の変色の症状は、歯の根っこの部分が帯状に変色したり、
シマ模様ができてしまったりと個人差があります。

神経を抜いた場合も、抗生物質を飲んだ場合も、
歯の内側からの原因による、歯の色の変色であることが言えます。

 

これらの黄色くなってしまった歯を改善して、
白く美しい歯を取り戻す方法はあるのでしょうか?

 

 

黄色い歯を改善し、白く美しい歯を手に入れる為には!?

黄色くなってしまった歯であっても、二度と白い歯に戻れないわけではありません。

『歯が黄色くなる原因その1』で紹介した、加齢、食べ物や飲み物、
タバコのヤニが原因の外側からの変色については、ホワイトニングで白く戻せます。

最近は、歯のホワイトニングの技術が向上しているので、
これらの外部からの着色であれば、問題なく白くすることが可能です。

 

また、美容歯科では高額となるホワイトニングも、
今では自宅でできるようになっています。

自宅でのホワイトニングを、ホームホワイトニングと言います。

 

最近では、ホームホワイトニングが人気になっていることもあり、
耳にされたことがある方も多いと思います。

人気のホームホワイトニングと言えば、こちらの

→ パールホワイトプロEX  がまっさきに思い当たります。

実践者の口コミ評価の高さから言っても、
効果は間違いないということが言えますね。

 

歯の神経を抜いた場合の、内部からの歯の変色については、
ウォーキングブリーチという方法により、内部から歯を白くすることが可能です。

歯の白さを取り戻すのが難しいとされているのが、
抗生物質が原因により、歯が黄色く変色してしまった場合です。

歯の付け根の部分は、エナメル質が薄くホワイトニングが効きにくいとされます。
しかし、効きにくいとされているだけで、不可能なわけではありません。

先ほどご紹介した、パールホワイトプロEX の解説にもありますように、
白さがまったく期待できないというわけではないのです。

 

歯が黄色いということで問題なのは、歯の色自体も気になる部分かもしれませんが、
もっと大きな問題として、歯の色により、悩みや不安やいつまでも拭えないということと、
自分への自信がなくなってしまうということです。

人前で歯を見せることに臆病になってしまうと、笑顔が出せなくなってしまいます。
笑顔というのは、相手の心を和ませ、空気を柔らかくしてくれます。

もしも黄色い歯でお悩みの場合は、笑顔と自分らしさを取り戻すためにも、
歯を白くするために自分に出来る行動の第一歩を、踏み出してみられてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 

白い歯をGet!!する為の関連記事一覧

コメントは停止中です。